洋食の日記

洋食のことではなく、技術メモを書きます。たまにどうでも良いことも書きます。

機械学習

SVMKitで使用する線形代数ライブラリをNumo::NArrayに移行した

SVMKitでは、線形代数ライブラリにNMatrixを使用していたが、パフォーマンスと将来性からNumo::NArrayに移行した。Numo::NArrayのメソッド等は、NMatrixともNumpyとも違うが、specを用意しておいて淡々と作業した。思い切った移行だけど、ユーザーも少ないの…

機械学習ライブラリSVMKitにカーネルSVMを追加した

はじめに Pure Rubyな機械学習ライブラリSVMKitにカーネルSVMを追加しました。カーネルSVMは、Pure Rubyでは速度的にツラいものがあるかな?と思っていたが、機械学習ライブラリとしては実装されているべきものなので追加した。※それ以前にLogistic Regressi…

Pure RubyなSupport Vector Machineのgemを公開した

はじめに RubyにPythonのscikit-learnに相当するライブラリがない様なので、作ってみることにした。ひとまず、Support Vector Machine(SVM)による多値分類が実装できたので、gemとして公開することにした。今後、他の機械学習アルゴリズムも追加していく。…

rb-libsvmとlibsvmloaderを使ったRubyでのカーネル非線形SVMによる分類

はじめに RubyのLIBSVMバインドであるrb-libsvmと、libsvm形式のデータセットを読み書きするlibsvmloaderで、カーネル非線形SVMで分類する例です。カーネル非線形と明記するのは、libsvmの姉妹品であるliblinearが線形SVMなため。 準備 まずLIBSVMそのものを…

RandSVDを使った主成分分析によるMNISTデータセットの可視化

RandSVDを作ったので、特異値分解(固有値分解)をベースにした機械学習アルゴリズムを実装していこうと思っている。 まずは、主成分分析によるMNISTデータセットの可視化を行った。 ※特異値分解と主成分分析の関係は、そのまま「主成分分析 特異値分解」で…

乱択アルゴリズムな打ち切り特異値分解のgemを公開した

※Truncated SVD (Singular Value Decomposition) って和訳ありますか?勝手に打ち切り特異値分解としました。 はじめに 機械学習アルゴリズムで特異値分解(もしくは固有値分解)をするときは、だいたい、大きい(もしくは小さい)方からk個だけ特異値/特異…

LIBSVM/SVMLight形式のデータの読み込み/書き込みをするgemを公開した

はじめに LIBSVM形式のデータセットファイルを読み込み、データとラベルをNMatrixで返すライブラリが欲しかったので、作成してgemパッケージを公開した。 libsvmloader | RubyGems.org | your community gem host Pythonのsvmlight-loaderにお世話になってい…

Liblinear-Rubyによる線形SVMを試すついでにカーネル近似も試した

はじめに Liblinearは、線形SVMの実装として有名なライブラリ/ツールである。 これをRubyから叩くライブラリとして、Liblinear-Rubyがある。 Rubyの配列で表現された、特徴ベクトルとラベルをわたすだけで、線形SVMの訓練・テストが行える。 これで線形SVMに…

PyCallを使えばRubyでもKerasでDeep Learningができる

mrknさんが開発しているPyCallを使うと、RubyからPythonオブジェクトを操作できる。 Rubyから、Pythonの機械学習・統計分析のツールを利用することを目的としており、 ネット上にもnumpyやscikit-learnを実行する例があがっている。 Rubyist Magazine - PyCa…