洋食の日記

「た・である」調ではなく「です・ます」調で書きはじめれば良かったなと後悔してる人のブログです

レトロゲームをクリアするなかで学んだこと

はじめに

New ニンテンドー 3DS LLを買ってから、ひたすら、バーチャルコンソールで子どもの頃にクリアできなかったレトロゲームをやっている。忍者龍剣伝月風魔伝R-Typeもクリアした。タイムスリップして小学生の自分に「お前も大人になったら忍者龍剣伝をクリアできるようになるからな」と伝えたい。きっと、その後の人生、希望を持って生きていけるだろう。それぐらい忍者龍剣伝は難易度が高い。そんな難易度の高いゲームをクリアできるのは「まるごと保存」機能があるからだ。上手くいったときに「まるごと保存」して、その先で失敗したら「まるごと復元」して再挑戦すれば良い。

子どもの時にクリアできなかったゲームを、大人になってからクリアできても、尊敬されたり、給料が上がったりはあまりないだろう。それでも良い。成長を願い、いつかは達成できると信じていた目標を、達成できたのだから。「自分は成長できる」「自分は変われる」と信じて、他人の評価を気にせず、ブランクができても良いから、挑戦することを諦めない気持ちが大事だ。

学んだこと

レトロゲームをクリアするという、一連の体験から学んだことをまとめてみる。

上手く行ったときに「まるごと保存」する

挑戦に失敗はつきものだ。なので、上手くいったときは、それを「まるごと保存」しよう。保存する方法は、人によって、目標によって違うだろうから、その時々で、良い方法を考えるとよい。大事なことは、後で振り返って、挑戦するモチベーションを取り戻せることだ。

失敗したら「まるごと復元」する

挑戦に失敗はつきものだ。落ち込むことも多い。落ち込むのは仕方ないが、定着してしまうのは良くない。「どうせ自分なんてこんなものだ」とか「結局は才能がある人が勝つんだ」とか、明確な根拠もない短絡的な間違った思い込みが心に刻まれるのが良くない。そうなる前に「まるごと保存」した成功体験を「まるごと復元」しよう。チャレンジ精神を復元して、今回の失敗から学び、次の挑戦に備えよう。ただ単に「運が悪かっただけ」なことも多いはずだ。

クリアできると信じて挑戦し続ける

挑戦に失敗はつきものだ。だから挑戦し続けるしかない。ただ、ダラダラやっててはダメだ。目標をもって、それをクリアできると信じて挑戦しなくては。最初は目標をクリアできる可能性が低くても良い。挑戦し続けることで成長し、自分のパラメータが変化することで、クリアできる可能性は自然と高くなる。他人や社会を変えるよりも、心持ちでもなんでも、自分のパラメータを変えるほうが簡単だ。クリアできると信じて、自身の成長を信じて、挑戦し続けることが大事だ。

おわりに

以上、レトロゲームを通じて得られた体験を例に書いたが、もっとちゃんとした真面目な話は以下の本が詳しい。モチベーションなどを研究してきた心理学の先生が、多くの事例をあげて説明してくれている。本の内容は一貫していて、どの章もメッセージは基本的に同じなので、時間がない場合は、1章から3章まで読んだら、いきなり8章に飛んでも良いかもしれない。スーパーマリオブラザーズもワープしてクリアできるのだから。

マインドセット「やればできる! 」の研究

マインドセット「やればできる! 」の研究