洋食の日記

「た・である」調ではなく「です・ます」調で書きはじめれば良かったなと後悔してる人のブログです

NArray

Rumaleにガウス混合モデルによるクラスタリングを追加した

はじめに Rumaleにガウス混合モデル(Gaussain Mixture Model, GMM)によるクラスタリングを追加して、ver. 0.12.2としてリリースした。 rumale | RubyGems.org | your community gem host GMMは、データ分布をいくつかの正規分布の重み付き線形和で表現しよ…

Numo::NArrayを扱ったRubyの拡張ライブラリの作りかた

はじめに 簡単なNumo::NArrayを利用した拡張ライブラリを作った。拡張ライブリの作成については、公式のドキュメントが充実しているので、挑戦してみた。 Gems with Extensions - RubyGems Guides ruby/extension.ja.rdoc at trunk · ruby/ruby · GitHub num…

Red DatasetsとSVMKitを使ってIrisデータセットでの線形SVMの分類精度を確認する

はじめに Red Datasetsは、IrisやMNISTといった公開されているデータセットを、Rubyで簡単に扱えるようにするプロジェクトである(Pythonでいえば、scikit-learnのsklearn.datasetsや、Kerasのkeras.datasetsに近い)。本記事では、Red DatasetsでIrisデータ…

Numo::Linalgで特異値の数を指定できる特異値分解を実装する

はじめに Numo::Linalgは、Rubyで行列のノルムの計算や固有値分解などの線形代数計算を行うライブラリである。Pythonのnumpy.linalgやscipy.linalgに相当する。Numo::Linalgのバージョン0.1.3から、固有値分解で求める固有値・固有ベクトルの範囲を指定でき…

Numo::Linalgのバックエンドライブラリを良い感じに読み込むライブラリを作った

はじめに Numo::Linalgは、numpy.linalgに相当するもので、QR分解や特異値分解を行うメソッドを提供する。これら線形代数の機能は、いわゆるBLAS/LAPACK系のバックエンドライブラリの関数を呼び出すことで実現している。このバックエンドライブラリは、まだ…

SVMKitで使用する線形代数ライブラリをNumo::NArrayに移行した

SVMKitでは、線形代数ライブラリにNMatrixを使用していたが、パフォーマンスと将来性からNumo::NArrayに移行した。Numo::NArrayのメソッド等は、NMatrixともNumpyとも違うが、specを用意しておいて淡々と作業した。思い切った移行だけど、ユーザーも少ないの…